お金を借りるには条件クリアが必須

  • 投稿日:
  • by

●消費者金融カードローンの条件

 

消費者金融のカードローンを利用する場合の条件で特徴的なのは、年金受給者や専業主婦の方など、給与所得のない方は利用できない点でしょう。

年齢条件の他に「安定した収入がある方」と収入に関する指定をしているからです。貸金業法では年収の1/3以上の融資を禁止する総量規制と呼ばれるルールが適用されています。そのため、給与明細で証明できるような収入があることが前提条件となります。

学生や主婦、年金受給者でもアルバイトやパートの収入があれば、総量規制は適用されません。

 

総量規制があっても例外となるのが、まとめローンです。顧客に一方的に有利になる借り換えは、総量規制の対象外としています。低金利で一括管理できるため、利用者には有利だと判断されています。

 

大手消費者金融では、申告された個人情報の内容で属性スコアリングを行いますが、審査の中では個人信用情報を担当者が確認しています。信用情報には、債務者区分として今までの利用履歴に合わせたランク付けもあり、延滞などの問題が発覚すると審査に悪影響があると言われています。

仕事をしていることが条件なので、会社には審査担当者から在籍確認などの確認審査も実施しています。

 

 

●銀行カードローンの条件

 

銀行カードローンを利用するための条件でも、「安定的・継続的な収入のある方」と明記している金融機関が多いです。しかし、銀行には貸金業法が適用されないので、専業主婦や年金受給者の方も審査の対象となる可能性があります。この点で、消費者金融とは大きく異なります。

 

専業主婦の方なら配偶者貸付で、パートナーの安定した収入を条件に融資をするか、専業主婦のみ低めの利用上限額にすることでサービスを提供する金融会社もあります。

保証会社の審査に通過して保証を受ける事も前提条件となりますので、人によっては今までの利用履歴に問題があって審査に通過しないこともあります。延滞などをしたことがなければ安心して構いません。

 

金融機関によっては、その銀行の口座を持っていることが条件になる場合もあるので確認して下さい。

収入証明書類の提出条件では、数百万円まで提出不要としている銀行が多いのも特徴にあげられます。

 

 

●教育ローンの条件

 

教育ローンの条件は、公的なローンの場合、世帯の収入や勤続年数などの要件はあるものの、比較的緩和された条件だと言えるでしょう。世帯年収が200万円以下の場合は優遇措置もあるので、前年度収入が高額でなければ利用できないローンではありません。

 

また、銀行で提供する教育ローンの条件は、金融機関によって前年度収入が200万円以上、年齢は70歳以下などと決まっています。

学校のパンフレットや入学を証明する書類の提出も求められますので、学費以外の流用はできないものと考えて構いません。使用目的に合わせた申込みが求められます。

 

 

●住宅ローンの条件

 

住宅ローンは高額の融資を受けることから、かなり厳しい審査基準を設けています。以前に金融事故を起こした経験がある方は、住宅ローンの審査にも影響があると考えて良いでしょう。

 

公的機関の住宅ローンの利用条件は、毎月返済する金額の5倍以上の月収があることなど収入に関するものもありますし、物件そのものにも長期優良住宅であることを条件に受けられる優遇された融資があります。

 

民間の融資では銀行の住宅ローンを利用できますが、年収条件や勤務実績など細かく設定しています。提出書類の数もかなり多いので、審査通過後の契約手続きにも時間がかかるでしょう。連帯保証人や住宅を担保にするなどの条件もありますので、事前に確認しましょう。

公的融資の住宅ローンよりも、審査条件は厳しくなると考えて、利用するサービスを選択してください。

 

 

●自動車ローンの条件

 

自動車ローンにも審査条件があり、前年度収入や安定した収入があることなど証明が求められます。

住宅ローンのように自己資金を頭金にすると、融資額は少なくなります。また、住宅ローンよりも融資の必要な金額が少ないため、マイカーローンの方が条件は緩和されていると言われます。

無担保・保証人なしで利用できるマイカーローンが多いです。審査の条件と比較して結果通知がスピーディなのが利用しやすいメリットです。

 

 

●目的ローンの条件

 

マイカーローンや教育ローンも目的別ローンの1つですが、ここでご紹介するのは多目的に使用できるフリーローンです。

年齢条件と保証会社から保障を受ける事、前年度年収や勤務期間などの条件指定をしています。カードローンのように都度融資で利用する方法ではないので、比較的厳しい審査だと考えて良いでしょう。

そのためカードローンよりも審査には時間がかかるので、急ぎの用途には適さないローンです。

 

ただし、目的が限定されていなくても事業資金には使用できないケースが多いので、資金計画書を出しても事業性融資は期待できないでしょう。他の方法で資金調達することをお勧めします。

 

 

●起業するローンの条件

 

起業するときは日本政策金融公庫などから創業融資を受けるので、創業計画書や事業計画書などを提出した上で、経営者が申し込みを行います。

現在勤めている企業と同業種で起業する場合は6年以上の勤務期間、その他の業種では雇用を創出する事業であることなどの条件指定があります。使用目的を運転資金と設備資金に限定しているため、計画的な利用が求められる操業融資制度だと考えられています。

 

すでに起業している方が資金調達を行うには、法人ローンやビジネスローンを利用しますので、日本政策金融公庫や銀行、信販系の貸し付け条件をクリアする必要があります。資金計画書や納税証明書を提出するなどして、運営に問題がないことを示す必要があるでしょう。

 

 

●金融機関が受ける審査

 

ローンで審査を行う金融機関も審査を受けています。

そのために金融検査マニュアルを導入しており、融資を行う適正な運営をしているかなどの項目で検査をしています。

審査を受けて各種のローンを利用している方が、途中で金融機関の問題に巻き込まれないためにも、安心できる状況が整っていると言えるでしょう。問題のある企業は是正勧告を受けて、改善に努力しているので、公表される情報を確認しておくことで、融資を受ける金融機関を選定できます。

より詳しいお金の借り方の条件等は以下のサイトをご参考ください。

お金を借りる教習所

http://okane-kyosyujo.com/