クレジットカードでお金を借りる

  • 投稿日:
  • by

●キャッシング枠を活かしてお金を借りる

 

クレジットカードはとても便利で、手持ちの現金がない時のショッピングに使用できるほか、現金を使用しなくても買い物が出来るメリットがあります。クレジットカードの用途が広がっているため、ネット通販に利用する方も多くなったのではないでしょうか。

また、ショッピング枠以外にキャッシング枠を別途設けることができるため、急な出費がある時にお金を借りることができます。

クレジット利用の限度額とキャッシング可能な利用限度額を設定していますので、利用範囲内の金額を融資するのがキャッシングですが、カード会社では利用履歴の良い方を対象として、キャッシング利用枠の増額にも対応しています。

増額申請では、カードローンと同じく再審査を実施する業者もありますので、必要があれば書類を提出するなどの手続きが必要になります。延滞など利用状況に問題があれば増額にならないこともあることを把握しておきましょう。

 

JCBカードでもキャッシング枠があれば、限度額の範囲内でお金を借りられます。しかし、クレジットカードの本来の機能はキャッシングではないことから、お金を借りるときの金利は高いと考えた方が良いでしょう。

クレジットカードを持っていてもキャッシングをするのが初めてだと言う方は、利用方法と返済方法、そして金利の設定などを確認して下さい。

 

クレジットカードでお金が借りられるのは、「ショッピング枠の上限設定金額まですでに使用しており、キャッシング枠を利用してショッピング用のお金を借りる場合」と言うのが基本的な考え方です。

お金が必要な時に慌ててカードローンの審査を受けなくても、クレジットカードがあればお金を借りることができるので便利な機能として評価されています。

 

 

●クレジットカード兼用のカードローンも便利

 

アコムのように消費者金融のカードローンと併せて、クレジットカードを申請できる業者があります。カードローン機能なしのクレジットカードと、カードローン機能ありのクレジットカードに分かれているので、選ぶときには注意しましょう。

ローンカード機能とショッピング機能を兼ね備えたカードを持つことで、利用用途が広がり利便性の高いサービスが受けられると好評です。カード盤面のデザインも、クレジットカードと変わりないので、人に見られることを気にせずに使用できます。

クレジットカードでお金を借りると、ショッピングとキャッシングの金利が異なるのが一般的です。しかし、アコムマスターカードは、カードローンでもクレジットカードでも、金利が統一されているので、管理がしやすいのはメリットです。

カードローンのみを利用するなら4.7~18.0%、カードローン兼クレジットカードでは10.0~14.6%の違いがあります。

 

銀行カードローンにも、クレジット機能とキャッシング機能を兼ね備えているものがあります。スルガ銀行ではリザーブドプランカードの審査に通過するとvisa機能を付加することができるので、海外で使う機会が多い利用者にも注目されています。盗難の対策にもなりますし両替手数料を軽減しながら、現地通貨でのキャッシングも出来るメリットがあります。ATM手数料を予め調べておくと、無駄なコストを省いてサービスを利用できます。

金利はキャッシング機能でもクレジット機能でも統一となっており、実質年率3.9~14.9%と低めの設定になっています。

 

カードローンの使用使途は基本的に自由となっています。しかし、実際は消費性融資に限定されていますので、事業性の資金には使用しない方が賢明でしょう。ただし、株式購入は事業性使途に該当しないとしている消費者金融も多いので、利用可能だと判断できます。

 

返済が遅れるとデメリットしか発生しませんので、返済元金や返済日の確認は必須となります。今後、カードローンや各種ローンの申請の際も、審査に悪影響を及ぼす要注意の項目です。

 

 

●クレジットカードでお金を借りるデメリット

 

クレジットカードは専用の審査に通過して利用しますが、キャッシング機能はあくまでも予備的な機能と位置付けられています。そのため、キャッシングをメインに使用するのはデメリットもあると言われます。

 

金利が高めであることや、利用残高が残ったままで支払いが滞るなどの状況が信用情報に掲載されると、新規でクレジットカードやローンに申し込んでも審査通過が難しくなる可能性があるので注意しましょう。

返済額のチェックをしながら、支払いが円滑なら問題が大きくなることはありません。

 

クレジットカードによって、キャッシング分を一括払いではなく、自動的にリボ払いにするタイプもあります。リボ払いになると支払額を抑えて均等に払えるのは便利ですが、利息の負担も考えて利用して下さい。

 

 

●ショッピング枠の現金化には要注意

 

クレジットカードでお金を借りるときの注意点として、ショッピング枠の現金化をする業者を利用しないことです。現金化自体違法行為ですし、何かトラブルが起こった時の解決が難しいと言われているからです。

ショッピング枠を利用して現金化するのは、付属しているキャッシング枠よりも金利が安いので、支払いが楽だと考える方が多く、トラブルに巻き込まれるケースが目立っています。

 

審査を受けずに現金を借りることができますが、業者がカードの不正利用をするなどの問題が起こっているのが現状です。万が一、現金化を行った後に、ショッピング利用よりも大幅に支払額が増えているのであれば不正利用が疑われると言われています。クレジットカードのショッピング枠を現金化すると、口座に振り込まれた現金を引き出して利用します。しかし、不正利用されるとクレジットカード会社に事情を説明して良いのか悩むことになりますし、返済が免除される可能性は極めて低いと考えて構いません。

 

業者の安全性を確認するには、「関東財務局長○○号」や「東北財務局長○○号」のように公的機関から承認番号を受けている金融機関なのかどうかを検索する方法があります。

極まれに承認を受けていることを偽装する業者もいますので、承認の発行元に確認すると確実に登録された業者なのかを調べることが可能です。