コンビニでお金を借りる数々の方法

  • 投稿日:
  • by

●コンビニのATMを最大限に使ってお金を借りる

 

お金を借りるときに便利なのはコンビニに設置しているATMです。お住いのエリアによっては数が限定されるものの、消費者金融や銀行の支店がなくてもローンカードがあればキャッシングできます。

銀行や消費者金融カードローンの申込みは、自動契約機を使用するかネットで申し込みできるので、場所によって使いにくいというデメリットがありません。

 

24時間営業しているコンビニがほとんどで、平日に限定されることなく、土日祝日でも利用できるのが便利なところです。

メンテナンス時間だけ把握しておけば、不便を感じることはありません。

 

 

●コンビニATMでお金が借りられる金融機関

 

コンビニATMは提携している消費者金融や銀行カードローンで、お金を借りられるようになっています。

利用可能な一例として、三菱東京UFJ銀行や新生銀行のレイクなど様々な銀行のカードローンが、セブン銀行ATMを使ってキャッシング可能ですが、場合によって利用手数料がかかるので確認しましょう。

また、消費者金融のカードローンにもほとんど対応しています。ただ、提携ATMによって利用明細がご自宅に郵送されることがあるため、家族に内緒で利用する方は注意しましょう。

 

借入や返済は可能ですが、審査申込や契約は専用の自動契約機などを使用します。コンビニATMには審査申込機能などはありません。利用方法に関しては各金融機関の公式サイトで確認しましょう。

カードローン機能やキャッシング機能が利用できる点で、非常に便利だと言うことです。

 

 

●セブン銀行カードローンはさらに便利

 

セブン銀行は、日本最大店舗数と言われるセブンイレブンが運営する金融機関です。銀行カードローンのサービスも提供するようになり、さらに利便性が高くなりました。

条件は一般的な低金利銀行カードローンとあまり変わりませんが、セブン銀行の口座開設をするのが必須です。カードでの借り入れの他に、銀行口座振込のキャッシングや口座引落返済にも使用します。

金利は一律で15%となっており、銀行のローンサービスとしては標準的でしょう。金融事情によって変動する可能性はありますが、2014年以降は金利の変動はありません。

延滞した場合、信用情報に掲載されるのはデメリットなのですが、遅延損害金が請求されないのは安心です。

利用限度額は10万円、30万円、50万円の3コースから選択でき、少額利用がメインの方にお勧めです。10万円、30万円の方は後で増額できますので、契約を完了してから2か月経過した時点で審査を受けて手続きをしましょう。審査によっては増額ではなく減額になる可能性があります。

 

申込み対象はセブン銀行の口座を持つ満20歳以上満70歳未満と幅広くなっています。銀行ローンのため、総量規制の対象外であり、専業主婦や年金受給者の方も申し込み可能です。

ただし、学生に関しては明言していないことから、審査を受けてみないと分からないところでしょう。

銀行ローン契約は、他行でも300万円以下は収入証明書不要のように、金額が大きくても証明書が必要にならない場合が多いです。セブン銀行では利用上限額が最大で50万円までとなっているため、収入証明書類の提出は原則必要ありません。

 

返済方法は、セブン銀行の口座から自動引き落としとなり、利用上限額が10万円の方は毎月5000円、そして利用限度額が30万円と50万円の方は毎月1万円と返済額が一定で管理しやすくなっています。

ダイレクトバンキングやセブン銀行ATMから、臨時返済できるので期間を短縮しながら利息負担を軽減できるのもメリットでしょう。元加方式で金利の計算をしているため、早く完済するほど、利息を抑えられます。

 

セブン銀行ATMでキャッシングすると手数料は無料で、ダイレクトバンキングでお持ちの口座に振込キャッシングをしてからATMで引き出す場合には手数料がかかることもあります。利用方法には注意しましょう。

 

 

●セブン銀行の口座開設方法

 

セブン銀行の口座を持っていない方も、ネットで口座開設とカードローンの申込みが同時にできます。

WEBで全ての手続きができますし、審査に必要な時間は最短の場合で10分だけです。時間がかかっても原則として30分以内の回答と公式サイトにはありますが、申し込み時間帯や以前の利用状況によって回答までの時間は異なります。

アコムの保証が受けられることも前提条件なので、アコムの審査に通過すると利用できます。

万が一、カードローンの審査に通過しない場合は、セブン銀行の口座開設のみの手続きになります。

 

キャッシュカード兼ローンカードは後日配送となるため、カードを使ったキャッシングは1~2週間程度後になるケースがほとんどです。その間はダイレクトバンキングを使って振込キャッシングを利用します。

ダイレクトバンキングはネット上で利用登録可能となっており、当日に審査結果が出れば利用開始は早いと言えるでしょう。

 

口座開設に本人確認書類は必須ですが、すでにセブン銀行口座を持っている方がカードローンに申し込む場合は、本人確認書類を提出しなくても構いません。

新規口座開設で提出する本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、住民基本台帳カード、パスポートなどのコピーで構いません。住民票を使用する場合は、コピーではなく原本を提出します。

さらに公共料金の領収書や請求書を添付することになるので、本人確認書類は2種類で1セットの提出が必要になります。

また、収入証明書類は原則として必要としませんので、口座を同時開設しても申し込みがスムーズなカードローンです。

●セブン銀行口座とクレジットカード併用

 

セブン銀行ではクレジットカードも取り扱っており、そのキャッシング枠を利用してお金を借りることができます。カードローンとは異なる用途ですが、コンビニのセブン銀行ATMで利用可能ですし、ローンの専用カードではないことから、カードローンを利用していることは周囲に知られません。

 

キャッシング枠が大きければ、状況によってセブン銀行カードローンより高額な融資が受けられる可能性があります。

もちろん、クレジットカードの審査には通過する必要があります。

借入や返済方法などを確認してから、比較検討するのがお勧めです。