お金を借りるにはキャッシングが便利

  • 投稿日:
  • by

●2タイプのキャッシングが選べる

お金を借りる方法で最も選ばれているのは、キャッシングではないでしょうか?キャッシングには2タイプあり、銀行か消費者金融で提供するサービスから選べます。

金利や利用可能な上限額、また審査対象の条件が異なりますので、ご自身に合わせた方法を選ぶことが勧められています。

また、デイリーで使いたい方と、複数の借り入れをまとめて一括管理したい方に向いているキャッシングに分けることもできるので、選択肢は豊富にあると言えるでしょう。

●銀行系のキャッシングの詳細

銀行系キャッシングは、三菱東京UFJ銀行などのメガバンクでも取り扱っていますし、スルガ銀行などの地方銀行でもサービスを提供しています。

金利は消費者金融より低めで推移していること、利用可能上限額も高額であるのが銀行キャッシングの特徴だと言えます。また、審査対象の条件は、安定した収入のある方と記載しています。しかし、専業主婦や年金受給者も、配偶者貸し付けや利用可能限度額を抑えることで申込対象者としています。高齢者の方でも年齢条件に該当するなら、年金のみの収入でも審査申し込みは可能です。

 

銀行系カードローンでは、本人確認の書類は必須ですが、収入証明書類を提出しなくていい希望限度額も高めの設定です。300万円以下の希望限度額なら収入証明書類は原則不要などと、公式サイトにも掲載しているので、都合に合わせて選べるのも特徴でしょう。

 

銀行カードローンでは、保証会社と提携していますので、連帯保証人や担保が不要なのも便利なところでしょう。「保証会社の保証が受けられること」も利用条件としていますので、銀行カードローンでは、実施の審査も保証会社が行っていると言って良いでしょう。

 

デメリットとして、土日祝日には審査を行っていない銀行が多いので、平日以外に申し込みをしても当日に利用開始できないことがあります。相談窓口への問い合わせでも、銀行員の対応が受けられないタイミングがあることを知っておくと便利です。

もう1つのデメリットがあり、銀行キャッシングでは1年ごとに更新審査を実施しているところが目立ちます。利用状況などにより審査に通過しなければ、新規の融資が行われないこともあります。

 

そして、契約者本人名義の銀行口座がなければ、振込キャッシングに対応していない銀行もありますので確認してください。その銀行の口座が必要な場合と他の銀行口座でも本人名義なら対応可能とするなど、銀行によって条件が違います。口座開設を郵送ですると時間がかかりますし、店頭での口座開設に行けない方がいれば、銀行キャッシングは使いにくいかもしれません。

 

ローン専用カードを作らずに銀行のキャッシュカードにローン機能を付けられる金融機関もあるので、財布にカードを増やしたくない人にも好評です。

 

 

●消費者金融系のキャッシングの詳細

 

消費者金融は、銀行とは異なる法律で管理されているので、貸金業法の範囲で運営しています。総量規制と言って年収の1/3以上の融資が禁止されていますので、給与所得のない専業主婦は利用できない業者がほとんどだと思って構いません。年金受給者も他の収入がなければ、消費者金融系のカードローン会社から融資を受けるのは難しいでしょう。

 

銀行と提携している消費者金融が増えていますので、銀行の中に自動契約機を設置するなどして利用しやすくなったのはメリットだと言えます。消費者金融会社を利用するのに抵抗感があると思っていた人にも、広く利用されるようになった理由に挙げられます。女性専用窓口を設けるなど、サービスの充実を図っている消費者金融は多くなりました。

 

消費者金融会社では、銀行よりも少し高めの金利、低めの利用可能限度額でキャッシングができます。返済には残高スライドリボ払いなどを導入していますので、一定額の返済が管理しやすいと評判も良いです。約定返済日の前に返済金額決定日があり、確認した時点の借入残高に合わせ、返済額が決定される方式もあるので、予め確認してから申し込みましょう。

 

アイフルやモビットのような大手消費者金融の中には、銀行では審査を実施していない土日祝日の審査にも対応している業者があるので、急ぎで融資を受けたい人に注目されるメリットがあります。無人契約機があれば、審査に通過して契約が終わってから、ローンカードの発行もその場で出来ます。振込融資で口座に入金があると振込名義人が記載されてしまうので、ローンカードでキャッシングをしたい方にも便利です。

 

審査では必ず勤務先への在籍確認をしていますが、金融会社の中には契約者のプライバシーを重視して、所定の書類の提出をすると電話での在籍確認を省略できる業者もあります。お勤めの方は、周囲にカードローンの審査を受けたと知られたくないため、こういったサービスを提供する業者を選べると安心できるのではないでしょうか。

 

 

●おまとめローンにも便利なキャッシングの詳細

 

消費者金融系の中には、複数の貸金業者からの借入をまとめて返済できるローン商品を提供している金融会社があります。消費者金融一覧を検索してみると、まとめ消費者金融と紹介しているので探しやすいでしょう。

 

返済日や返済方法、そして金利が異なる複数の契約があると、管理するのが難しいことから返済の遅れを生じるケースが見られます。しかし、おまとめローンで一元管理をすると、返済日や金利なども一律でチェックできることから返済がスムーズになると言われています。

 

さらに、おまとめローン商品は、他のキャッシング商品よりも抑えた金利で提供しているものが多いです。高額な金利の他社借入を完済しやすいのも特徴に挙げられます。

注意点として、低金利のおまとめローンを希望しても、審査の結果により負担が軽減されないこともあるので、その点を踏まえて審査申し込みを検討して下さい。その理由として、消費者金融のおまとめローンでは、利用限度額に合わせた金利設定になることが多いからです。審査の結果、利用上限額が低いと金利は高く、利用上限額が高ければ金利は低くなるという連動があるので、このルールをおまとめローンにも適用していると言われています。